ベラジョンカジノ 税金

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノに税金はかかる?所得区分や脱税を疑われないための方法

ベラジョンカジノで得た収益(お金)にも税金はかかります。もしも気づかないでそのまま払わずにいると脱税になったり、余計に税金を払う羽目になったりします。

すべてのオンラインカジノにも言えることなので、ベラジョンカジノ(オンラインカジノ)で得た利益の税金等を勉強をして適切に処理をし、税金を納めるようにしましょう。

この記事を読めばわかること

  • ベラジョンカジノで税金は払わなければいけないのか
  • ベラジョンカジノで得た利益は何に分類されるのか

ベラジョンカジノで得た利益は「一時所得」

ベラジョンカジノで得た利益は「一時所得」

アルバイトやちょっとした副業は雑所得というものになりますが、懸賞や福引の賞金品や競馬や競輪の払戻金、生命保険の時金や損害保険の満期返戻金などは一時所得というもののカテゴリーにはいります。

競馬、パチンコなどの収益も一時所得でベラジョンカジノなどのオンラインカジノの収益も一時所得に分類されます。

パチンコや競馬だとその場で払戻金などを貰えるためお金の流れがわからずに税金を払わなくてもばれにくい傾向にあります。

しかし、すべての収入において税金は払わないといけません。

その点オンラインカジノの収益の出金は直接口座への振り込みなのでお金の流れがつかみやすく、収益(利益)のデータが残ってしまいます。

税務署が調べればわかることなのでしっかりと一時所得を計算してかかる税金について把握しておきましょう。

ちなみにアルバイトや副業の雑所得とは計算方法が少し違い経費の条件なども変わってくるのでしっかりと覚えておきましょう。

ベラジョンカジノ得た利益にかかる税金の豆知識

ベラジョンカジノ得た利益にかかる税金の豆知識

一時所得で計上できる経費は条件があったりほかの所得と違い相殺できなかったりいろいろと分かりにくい内容になっています。

一時所得は経費を計上しにくく、条件によっては投資につかった金額を経費に計上できなかったりしますがその代わりに特別控除というものがあります。

そういった税金についての豆知識を紹介していくので覚えておきましょう。

特別控除を利用することができる

オンラインカジノで得た所得は一時所得と言って、雑所得とは違い経費の計上に条件があったり経費そのものを計上することが出来ないかったりします。

雑所得とは経費の面で差がついてしまいますがそのかわりに一時所得は特別控除というものが利用できて、その特別控除は最大で50万円の控除が付きその分の金額が免除されます。

計算方法はこちらのようになるので覚えておきましょう。

例)(総収入金額-収入を得るために要した費用-(一時所得の特別控除額※50万円)×2分の1…課税所得金額

このように50万円分の特別控除金があるので50万円以下ならば税金を払わなくて済みます。

その代わりほかの収益の一時所得の金額も含まれてしまうのですべての一時所得の金額が50万円を超えてしまうようならば税金を払わなくてはなりません。

儲けた金額から必要経費を引いた額が課税対象

課税対象は上記で紹介した例が計算方法になります。その内収入を得るために要した費用が少し複雑なのでその辺を紹介しようと思います。

例)(総収入金額-収入を得るために要した費用-(一時所得の特別控除額50万円)×2分の1…課税所得金額

計算方法はいたってシンプルで上記が課税対象の計算方法になります。

次に収入を得るために要した費用についてなのですが、ここが少しややこしいことになっています。

収入を得るために要した費用はそのゲームに収益が発生しない場合は経費として計上することが出来ません。

二つの例で紹介すると

例1)ルーレットで赤に1$賭けて勝利し収益が2$だった

例2}ルーレットで赤に1$賭けて負け収益が0$だった

どちらも1$が収益を得るために要した費用になるのですが例2の方は収益が発生していません。

なので例2は費用として計上することが出来ません。

雑所得なら収益が無くても費用になるのですがここが一時所得との違いになります。

利益と損失を相殺できない

利益と損失を相殺できないと紹介しますが先ほどの収入を得るために要した費用が問題になってきます。

ベラジョンカジノでも全体利益と全体損失が見れます。

普通に考えるなら全体損失が全体利益を超えてしまっている場合、つまり自分がカジノでマイナスを出している場合は税金を払わなくて済むと思いますよね。実はそうならない例もあります。

それが先ほど説明した収入を得るために要した費用の問題になります。例で紹介するとこうなります。

日付 収益
1/1  +100$
1/2     -50$
1/3     -30$
1/4     -50$
1/5     +20$

この場合だと-10$負けていることになります。

その場合だと収入が出ていないので税金を払わなくても済みそうですがそうではありません。

一時所得ではマイナスになってしまった経費は計上できません。

オンラインカジノの儲けは、言わば臨時収入です。その収入を得るために要したお金のみが、差し引けるお金となります。

課税のタイミングは銀行に着金した時

課税のタイミングは銀行に着金した時になります。

つまり銀行に着金した金額がそのまま一時所得の収入金額になります。例えばベラジョンカジノから直接、自分の銀行口座に送金したり、ベラジョンカジノからecoPayz(電子決算サービス)、さらにecoPayz(電子決算サービス)から自分の銀行口座に送金をしたタイミングで課税の対象になります。

銀行に着金した場合にかかるのですが、ベラジョンカジノからecoPayz(電子決算サービス)に出金したとしてもそこまでは課税の対象にならない、つまり電子決済サービスに資金がある時点においては課税ないということです。

かかるのは自分の口座に着金した時なのでずっと遊びたいならecoPayz(電子決算サービス)などに出金しておいて、お金もそのecoPayz(電子決算サービス)から入金しておくといいでしょう。

ベラジョンの税金を会社にバレないで払う方法

ベラジョンの税金を会社にバレないで払う方法

ベラジョンカジノの税金を会社にバレないで支払う方法になりますが、会社によっては副業が禁止されているところもあったりしますよね。

会社に一時所得の存在がバレる理由は、税務署から会社に通知される住民税が増加してしまう点にあります。

会社の計算よりも多額の住民税が請求されるため気付かれてしまうのです。

このリスクを回避する方法は、住民税の納付を会社経由の天引き方式(特別徴収)から、自分自身で納付する普通徴収に切り替えることで回避することができます。

一時所得の納付方法を普通徴収に切り替えることにより、オンラインカジノの利益に関わる税金のみを直接支払うことができるようになります。

ベラジョンカジノで脱税を疑われてしまいがちな行動

ベラジョンカジノで脱税を疑われてしまいがちな行動

ベラジョンカジノで利益を出したときについついしてしまう行動で脱税を疑われてしまう危険性があります。

自分からわざわざ税務署の目に留まってしまったり、税金の催促をされてしまったりはしたくはありませんよね。

そんな脱税を疑われてしまいがちな行動をいくつか紹介します。

100万円以上の高額着金がある場合

ベラジョンカジノで脱全を疑われてしまいがちな行動で一番有名なのが100万以上の高額着金がある場合です。

ベラジョンカジノや他のカジノサイトで高額当選をした際には税務署に不審な点を追求される可能性があります。

それが高額着金だとなおさら目に留まってしまうようで、100万円以上を引き出す時には税務署は目を通していると書かれたサイトもありましたので高額着金ではなく少しずつ取り出すように心がけましょう。

※50万円以上は必ず税金を払う義務があるのでしっかりと税金は払いましょう。

SNSなどで大勝利を報告している

SNSでベラジョンカジノで勝ったなど検索してみたらすごく検索がヒットします。勝ったらついつい自慢したくなっちゃうものですよね。

ですが、この報告で税務署の目に留まったりすることもあるかもしれません。

ベラジョンカジノで勝った金額が少ないのであればそこまでのことはないのですが、これがジャックポットがあたった10000ドル、100000ドル勝ったとなったら目につきますよね。

誰がみているかわからないSNSなどではそういった大勝利などの報告や正確な利益(数字)をなるべく書かないように心がけましょう。

会社経営をしている

会社経営をしていると疑われやすいというのは、会社の口座に出金をしていたり会社の通帳に不明な着金がある場合に起こります。

ベラジョンカジノの送金を会社の銀行口座や自営の人でも仕事用の銀行口座に着金することはないにせよ、もし何か不審な点を彼ら当局の人たちが感じた場合は、徹底的に調べられます。

疑わしいお金がないのなら大丈夫なのですが、脱税をしていたらばれてしまいます。

会社の通帳や隠しもっていた通帳を使っても関係ありません。

当局は調査や関係者への聞き取りあるいは通報などで、あらかじめ脱税容疑を固めている場合が多いので、絶対に脱税を行わないようにしましょう。

納税義務があるのに納税しないとどうなる?

納税義務があるのに納税しないとどうなる?

納税義務があるのに納税しないとどうなるか、それはすべての所得においていえることですが法律違反で脱税になります。

期限内に納税を完了できなかった場合、まず「督促状」が送付され納税を促されます。その次の段階として滞納者の「財産調査」へと移行します。

財産調査は滞納者の事前了解なしに実施することができ、金融機関や勤務先などにも調査が及ぶことになります。

ここで会社にベラジョンカジノなどの副業をしていることがバレてしまいます。

そして、払う義務が確定してお金がない場合は差し押さえなどもあるので、そうなってしまわないようにしっかりと納税義務があるなら一時所得の税金を払うようにしましょう。

税金は発生するけどおすすめのオンラインカジノ

第1位 ベラジョンカジノ

人気No.1
ベラジョン
日本でも知名度が高く初心者でも安心して利用できることができます。 日本語にも対応していて、様々なゲームが遊べて、常に新しいゲームが登録されているのでおすすめです。

今だからゲットできるキャンペーン

今なら、ベラジョンカジノに登録して30$(ドル)がもらえる!

おすすめポイント

 
  • クレジットカードですぐ入金できる
  • 毎日1名が必ず最低$5,000を受け取れる!「必勝勝利金システム」
  • 国内銀行送金で銀行に直接出金ができる!

ベラジョンの解説はこちら!

詳しくはこちら

登録時のキャンペーンあり!

今すぐ公式サイトへ

 
 

第2位カジノシークレット

人気No.2
カジノシークレットは、2018年にサービスを開始し、これまでになかった、出金条件が一切ないという画期的なオンラインカジノです。 日本人限定のトーナメントなども頻繁に開催されています。

今だからゲットできるキャンペーン

今なら、初回入金の50%をキャッシュバックキャンペーン中!

おすすめポイント

 
  • 入金条件が一切なく、キャッシュとボーナスの扱いが同じ!
  • 負けてもお金が戻ってくる?!「キャッシュバックシステム」を採用!
  • 国内銀行送金で銀行に直接出金ができる!

カジノシークレットの解説

詳しくはこちら

登録時のキャンペーンあり!

今すぐ公式サイトへ

 
 

第3位インターカジノ

人気No.2
インターカジノは、1996年からサービスを展開しており、日本でも愛されてきました。 2020年のリニューアル時には、新キャラクターを追加し、とても可愛らしいデザインになりました。 ウェルカムキャッシュという、出金条件の1倍、500$までもらえることができます。

今だからゲットできるキャンペーン

今なら、初回登録時に10$プレゼントキャンペーン中!

おすすめポイント

 
  • 安定したサービスと可愛いデザインが人気!
  • 出金条件1倍で最大500$までもらえる!「ウェルカムキャッシュ」を採用!
  • 国内銀行送金で銀行に直接出金ができる!

インターカジノの解説

詳しくはこちら

登録時のキャンペーンあり!

今すぐ公式サイトへ

まとめ

以上がベラジョンカジノの税金についてです。要約すると以下の内容になっています。

  • ベラジョンカジノで得た利益は一時所得といい他の収入と計算方法が違う
  • 一時所得には特別控除が最大50万円分あるので利益が50万円以下なら税金を払わなくてもいい場合がある
  • 儲けた金額から必要経費を引いた額が課税対象である
  • 収益がマイナスになっている場合は経費にならないので一時所得の計算には注意が必要です
  • 課税のタイミングは銀行に着金した時、電子決算サービスなどに出金すると課税対象にはならないが電子決算から銀行に着金した場合はそこで課税対象になる
  • 税金を会社にバレないで払う方法は会社経由の天引き方式(特別徴収)から、自分自身で納付する普通徴収に切り替えること
  • 脱税を疑われてしまいがちな行動(SNSで報告、高額着金)はしない
  • 納税義務があるのに納税をしないと税務署から督促状がきて、さらには家宅、会社まで調査をされてしまう

しっかりと覚えておいて納税義務があるときには必ず納税をしましょう。

-ベラジョンカジノ

© 2021 オンラインカジノの森